美肌部★美容液ファンデーションでアンチエイジング

美容液ファンデーションで24時間キレイを追及するブログ

外食続きでも美肌になれる! 乾燥肌が積極的に摂るべき食事と栄養素

   

読者様『乾燥肌に限らず、美肌になるためには食事も大事ですよね?Godivaさんは栄養バランスはどんなことを気をつけてるんですか?

Godiva『私は結構食事が炭水化物&肉に偏りがちなので、東尾理子さんがオススメされていた美的ヌーボーというマルチビタミンサプリを毎日飲んでます。

とはいえ、私が使ってるサプリの紹介で終わってしまっては身も蓋もないので、乾燥肌が特に気をつかって摂るべきビタミンについて勉強したことをまとめました。』

 

乾燥肌が摂るべきビタミンたち

・ビタミンA

・ビタミンB群

・ビタミンE

・ビタミンC

何を摂るべき?

上記でお伝えしたビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、その他には、セラミド、脂質、たんぱく質も積極的に摂りましょう

 

なんで乾燥肌にいいの?

今回はビタミンについて一つ一つ説明していきましょう。

ビタミンAとは、肌にハリと弾力を与え、皮膚粘膜を健康に保つ栄養素です。
お肌が乾燥すると、表皮を守るバリアが無防備になり肌トラブルに繋がりやすくなると言われています。

中でも粘膜は直接空気に触れる部分ですので、健康に保つことは重要なポイントとなります。

また、ビタミンAには角質層にある『NMF』の生成を助ける働きもあります。
NMFとはNatural Moisturizing Factorの略で、天然保湿因子と呼ばれるものです。
主な成分はアミノ酸で、他にピロリドンカルボン酸・乳酸塩・ミネラル・糖類などで作られています。
NMFは、空気の中の水分や、真皮からの水分を閉じ込め肌に潤いを与える働きがあり、吸湿性、保湿性に優れています。
NMFが安定して肌に定着していると、肌のターンオーバーがスムーズに行われ、健康で潤いのある美肌を保てます。

 

ビタミンB群ですが、中でも特に私が摂取をおすすめするものはB2です。
ターンオーバーに働きかける栄養素といわれており、年齢とともに衰える肌の再生力を高めます。

不足してしまうと目の充血や口内炎等の皮膚や粘膜の乾燥や炎症を引き起こす原因になるといわれています。

乾燥すると、カサカサして角質が浮きやすく、すぐにめくれてはがれたりしますよね。
皮膚の再生力が強ければ、美しい健康な肌に生まれ変わる期間を縮めてくれるので、より美肌へ近づける栄養素だといえます。

 

ビタミンCは、水に溶けて全身にいきわたる栄養素ですので、常に意識して摂取する必要があります。
老化やがんの引き金にもなるやっかいな活性酸素を除去する効果や、コラーゲンの生成を促してくれます。

乾燥肌にとって保湿効果を発揮してくれるコラーゲンは重要な成分ですから、意識しておくと良いでしょう。

 

ビタミンEは、血行の促進や、新陳代謝を促してくれる栄養素です。
代謝がよくなることで、新しい皮膚を生み出し、古い角質を外に押し出してゴワゴワしたお肌をつるつるにしてくれます。
タンパク質と一緒に摂取することで効率的に効果を発揮します。

 

何から摂れる?

上記でお伝えしたビタミン、そして栄養素たちは、美肌つくりにとってどれもかかせない働きを持っています。

ビタミンA:主にレバー、うなぎ、ホタルイカ、バター、卵黄、緑黄色野菜に含まれます。

ビタミンB2:こちらもレバー、うなぎ、納豆、卵に多く含まれます。

ビタミンC:アセロラやイチゴやキウイフルーツ、パセリ、ブロッコリーに多く含まれます。意外なものでは明太子も。

ビタミンE:ナッツ類、うなぎ、イワシ等に多く含まれます。

 

例えば、こんなレシピ、こんなコンビニ食、居酒屋メニュー

居酒屋メニューで摂れる 美肌メニュー

鳥貴族の、鶏レバー串※価格非公開

鶏レバーにはビタミンAがたっぷりケタ違いの含有量なので、しっかり摂りたい方にはおすすめ。女性にとって大事な鉄分も多く、貧血予防にもなります。
他にも焼き鳥屋、居酒屋にはかなりあるメニューですので進んで食べましょう。

白木屋 しまほっけの炙り焼き※価格非公開

居酒屋でよくするほっけにもビタミンAが多く含まれています。
カルシウムも豊富なので牛乳が苦手な方はほっけで摂取するのもいいかもしれませんね。

土間土間 サーモンアボカドのユッケ /税抜490円

サーモンにはビタミンA、ビタミンD、ビタミンB群が含まれている美肌の味方になる万能な食品です。

世界一栄養価の高い果物とも言われるアボカドは、ビタミンB2やビタミンEが豊富な食物で、他にも女性のビタミンといわれる葉酸も豊富に含まれていますので、妊娠初期の女性にもおすすめです。

この二つの食材が一度にとれるこのメニューは大変おすすめです。
どちらも女性に人気の食材ですが、栄養素の面でも大変有能ですね。

居心伝 アセロラ&ヒアルロン酸サワー /税抜280円

いかにもお肌に良さそうなネーミングがわかりやすくて良いですね。
アセロラにはビタミンCがたっぷり含まれていて、サプリの原料にも使われています。

ヒアルロン酸は、化粧品に保湿成分として使用される程、高い保湿効果がある成分です。お肌につけるだけでなく、飲むことでも効果が得られます
お酒ってマイナスイメージも多いけれど、どうせ飲むなら少しでも美味しくて美肌に近づけるものを選びましょう。

コンビニ食でも美味しく美肌になりましょう

セブンイレブン(セブンプレミアム) 明太ポテトサラダ/税込148円

明太子・じゃがいもはビタミンCを豊富に含む隠れた美肌メニューなんです。
他コンビニでも展開されているメニューですので気軽に食べられておすすめです。

ファミリーマート(ファミリーマートコレクション) フルーツミックス/税込298円

ビタミンといえばやっぱりフルーツはかかせません。パインアップルに含まれるビタミンCやB1、キウイフルーツに含まれるビタミンC、グレープフルーツにはなんとビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEも含まれており、お肌にも美味しいフルーツであることがわかります。

適当なようですが、これでも大丈夫なんです。

超簡単レシピ? 卵かけ納豆ご飯

生卵と納豆を混ぜて、あったかいご飯にかけるだけ。
ビタミンAとB2をお手軽にとれるのでお肌にとっては効率的な組み合わせ。これなら多忙な方にもできるかもしれません。お時間がもう少しあれば、一緒にサラダやフルーツも食べるとさらに良いですね。

まとめ

私は肌状態を見て、健康状態を測っています。肌は内臓をうつす鏡って言われたりもしますよね。
栄養素はそれ1つで力を発揮するものではありません。少しずつでも、満遍なく摂ってはじめて身体や肌に変化が現れます。
そういう理由から、私はマルチビタミンを取り入れています。特に美的ヌーボーは、私が名前も知らないマイナーなビタミンもカバーしてくれてるし、天然素材だけで作られてるので安全性も高くていいなーと思って愛用しています。
でも、それでも食べ物から取り入れることは常に意識しています。食べ物から栄養を摂る方が吸収率が断然高いし、微量に入ってる栄養を大事にしたいからです。
外食やコンビニ食でも、上手く選べば食べ物もサプリも上手に組み合わせて肌の健康を保ちましょうね♫

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

fc57fd445dea6f30d7c210a10acdf6e7_s
乾燥肌が取り入れた方がいい保湿成分

乾燥肌が特に取り入れた方がいい成分はセラミド 乾燥肌や敏感肌にはセラミドが不足し …